トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

日本三大八幡宮の一つ【筥崎宮】(福岡市東区)

筥崎宮・・・地元の方じゃないとなかなか読めませんよね。“はこざきぐう”と読みます。
福岡市の中心部、天神から地下鉄で10分。
「箱崎宮前駅(はこざきみやまえ)」で降りると、そこは参道のド真ん中!

筥崎宮は筥崎八幡宮とも称し、宇佐、石清水両宮とともに日本三大八幡宮に数えられている、とっても歴史のあるお宮。

厄除・勝運の神様としても有名で、足利尊氏、大内義隆、小早川隆景、豊臣秀吉、黒田長政ら歴史に名を残す武将も崇め敬ったとのこと。

1606筥崎宮7

ソフトバンクホークス(野球)やアビスパ福岡(サッカー)、ライジング福岡(バスケット)の選手らも必勝祈願に訪れ、サインを残していました。

し、しかし、、、「一の鳥居」をくぐり、一番に目に飛び込んできた、楼門(国指定重要文化財)に掲げられた扁額の文字!

1606筥崎宮6

1606筥崎宮8

・・・「敵国降伏」
-?! そんな言葉、ヤバくない?
と思いきや、正しい意味は、
「武力で相手を降伏(覇道)ではなく、徳の力をもって導き、相手が自らなびき降伏するという王道であるわが国のあり方を説いています」
とのこと。
自分の無知を恥じると同時に、ホッとした気持ちに。

-武力で相手を降伏させるようなことがないよう・・・なんだか今日本が抱えている課題に応えてくれているようなお言葉です。
思わずお祈りしたのは、ただただ「天下泰平」。

扁額の文字は、鎌倉時代の第90代天皇である亀山上皇が納められた御宸筆(天皇の自筆)を模写拡大したもの。
「敵国降伏」自体は、平安時代の中頃である921年、醍醐天皇が「敵国降伏」の御宸筆を下賜され、この地に壮麗な社殿を建立したのだそうです。

1606筥崎宮14
こんなに樹木が多いのに、葉っぱひとつ落ちていないほど掃き清められた境内は、木陰が多く、
地面が土のせいか、吹き抜ける風もとっても涼しいんです。
これなら真夏でも平気ですね!

6月は、境内の「あじさい苑と神苑花庭園のユリ」が楽しめます。
是非、お出かけください!
http://tapudays.blog32.fc2.com/blog-entry-393.html


◆◆◆◆◆◆◆
筥崎宮
福岡市東区箱崎1-22-1 社務所TEL 092-641-7431

http://www.hakozakigu.or.jp/


ふくおかの最新イベント情報は
http://www.fukuoka-support.net/event-fuku.html

◆◆◆◆◆◆◆
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

ふくおかサポートねっと編集部

Author:ふくおかサポートねっと編集部
たぷたぷ日和は、福岡の情報サイト「ふくおかサポートねっと」編集部のブログです。
このブログと「ふくおかサポートねっと」の九州・沖縄各県の最新イベント情報を参考に、ゆったりとのんびりと各地を巡り、“たぷたぷ”と満ち足りた気持ちになっていただけると嬉しいです。


Twitter @tapudays


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。