トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

佐伯祐三 《コルドヌリ(靴屋)》 に関する“プチ発見”!

10月13日の夜、テレビ東京の「開運!なんでも鑑定団」で、
佐伯祐三のデッサンが紹介されていて、興味深く見入ってしまいました。

というのも、先日、石橋美術館コレクション展示 【ちょっと気になる 絵のまわり】に出かけた際に、佐伯祐三の油彩画《コルドヌリ(靴屋)》が展示されていたのを覚えていたから。

その日は、展覧会の直前に、同じ敷地内の楽水亭にあるギャラリーショップで、豆菓子の入った缶を購入したのです。
「コーヒー豆を入れるのにお洒落でちょうどいいな」と思い、2つのデザインのどちらにするか迷い、最終的に手にしたのが、佐伯祐三の《コルドヌリ(靴屋)》がプリントしてある缶。

佐伯祐三に対して何か思い入れがあったというわけではなく、
絵がなんとなく気に入ったから。

その後、展覧会場に佐伯祐三の《コルドヌリ(靴屋)》が展示してあるのを見て、
驚いたのなんの。
思わず、会場内で、缶を片手に見比べてしまいました。
原寸大の絵画を見れば、なるほど店先に靴が並び、“靴屋”であることがはっきりわかりました。ドアの向こう側には人の姿も。
(缶の絵は小さいですからね。)

151016石橋美術館コーヒー缶
      左が、佐伯祐三の《コルドヌリ(靴屋)》がプリントされた缶
      右は、石橋文化センターのバラがデザインされた缶

その日の私は、へぇ~、明治時代に渡欧し、30歳という若さで亡くなった画家なんだ~。というレベル。

その数日後、「開運!なんでも鑑定団」では佐伯祐三の《コルドヌリ(靴屋)》が紹介された際には、
確か「茨城県近代美術館蔵」とあったので、「あれ?」と思って確かめたところ、
同様のモティーフで何点か作品を描いているんですね。

また少しだけ、知識が深まりました。
詳しい方から見れば笑われるかもしれませんが、“プチ発見”の日々というのは、とても楽しいものです。

佐伯祐三の《コルドヌリ(靴屋)》は、現在、石橋美術館コレクション展示 【ちょっと気になる 絵のまわり】で展示中!
展覧会は、終了間近! 10月18日(日)までです。
まだご覧になっていない方は、お急ぎください!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

開運! なんでも鑑定団 Webサイトへ
(2015年10月13日放送)
http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/20151013/03.html

石橋美術館Webサイト 佐伯祐三《コルドヌリ(靴屋)》紹介ページ
http://bit.ly/1QzF7o7

石橋美術館Webサイト
http://www.ishibashi-museum.gr.jp/

茨城県近代美術館 佐伯祐三《コルドヌリ(靴屋)》紹介ページ
http://bit.ly/1RM1MOU

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

ふくおかサポートねっと編集部

Author:ふくおかサポートねっと編集部
たぷたぷ日和は、福岡の情報サイト「ふくおかサポートねっと」編集部のブログです。
このブログと「ふくおかサポートねっと」の九州・沖縄各県の最新イベント情報を参考に、ゆったりとのんびりと各地を巡り、“たぷたぷ”と満ち足りた気持ちになっていただけると嬉しいです。


Twitter @tapudays


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。