トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

国の特別史跡 「水城跡」 周辺のコスモス

国の特別史跡「水城跡」は、緑の茂る市民の憩いの場。
10月10日は薄曇の天候で、日焼けの心配もいらないお散歩日和。
国道3号線近くの水城跡に、コスモスチェックに出かけてみました。
151010水城跡1

パラパラと咲き始めた程度。ちょっと早いみたいですね。
151010水城跡2
コスモス畑のそばには、たわわに実った稲穂や、既にに刈り取られた田んぼ。
イイ風景です。水城跡に沿って、ぐるっと一周お散歩できます。

県道112号線沿いの駐車場に車を停めて横断歩道を渡ると、東門礎石。
(今は国道で分断され車の交通量が多いので、十分にお気をつけください)
151010水城跡3
江戸時代に描かれた礎石の絵と変わらない姿で、今も目の前にもあるというのが、不思議な気持ちになります。

そこから坂道を少し上がって展望台へ。そこから見る風景はこんな感じ。
151010水城跡4
眼前にこんもり茂っているのが水城跡。
高さがいまいち分かりづらい&水城跡に対してまっすぐすぎる角度が、
写真スポットとしてはどうかと思いますが、ご参考までに。

これは、おまけphoto。
柿が実る季節になりました。
151010水城跡5

今日も、立派なカメラを抱えた方が、写真を撮りに来ていらっしゃいました。
駐車場にはトイレも完備されています。
九州国立博物館や太宰府天満宮にお出かけの際には、是非お立ち寄りください。

◆◆◆◆◆◆◆

水城とは・・・
倭(日本)が、唐・新羅の連合軍に敗れた「白村江の戦い」(663年)の翌年、664年に築いた土塁(堤防)。
唐と新羅の攻撃に備えて全長1.2キロにわたり築いた防衛施設で、基底部で幅80メートル、高さ13メートルを超える規模です。
土塁の博多側には、幅60メートル、深さ4メートルの外堀があったとされ、太宰府側には内堀があったと考えられています。

◆◆◆◆◆◆◆

水城・大野城・基肄城1350年事業Webサイト
現在、平成26・27年に築造1350年を迎える国の特別史跡「水城・大野城・基肄城跡(みずき・おおのじょう・きいじょう)」をテーマに様々な事業を展開しています。
http://www.mok1350.org/

◆◆◆◆◆◆◆
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

ふくおかサポートねっと編集部

Author:ふくおかサポートねっと編集部
たぷたぷ日和は、福岡の情報サイト「ふくおかサポートねっと」編集部のブログです。
このブログと「ふくおかサポートねっと」の九州・沖縄各県の最新イベント情報を参考に、ゆったりとのんびりと各地を巡り、“たぷたぷ”と満ち足りた気持ちになっていただけると嬉しいです。


Twitter @tapudays


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。